その実体は戦勝記念碑

パリの目抜き通りと言えば、もちろんシャンゼリゼ大通りですが、その西端に位置するのが凱旋門です。写真で見るだけだと、イマイチ実感できないかもしれませんが、高さ50m、幅45mのまさに巨大な建造物です。建築の命令を下したのは、もちろんあのナポレオン・ボナパルト。1806年から建築が始まりますが、ナポレオンの失脚などによって計画が一時頓挫したこともあり、完成をみたのは1836年のことでした。 さて、凱旋門に行くには、まずは地下道を通らなければなりません。実はこの門の回りはロータリーとなっているだけでなく、12本の主要道路が凱旋門から延びているのです。凱旋門の前にたどり着いたら、まずはじっくりと壁面の浮き彫りを見てください。注目は、正面左下の「1810年の勝利」。コクトー作の見事な彫刻ですが、その中央には、今や月桂樹の冠を頭に載せんとするナポレオンが描かれています。

屋上からパリの街を一望

門のそばにあるのは「無名戦士の墓」ですが、これは第一次世界大戦で亡くなった兵士たちを讃えたものです。また、さらに門の下へと歩みを進めると、今度は内側に、数多くの名前が彫られているのが分かります。よく見てみると、そこには歴代の将軍の名前も認められます。 さて、凱旋門の外観ばかりを眺めていても面白くありませんから、ここまで来たら、ラセン階段を登って屋上へと向かいましょう。階段は狭く、300段ほどありますが、展望台からの眺めは最高。360度のパノラマが楽しめます。もちろんパリの街を一望できる場所は他にもありますが、ここから望めば、ルーブル美術館もモンマルトルの丘も一目瞭然です。何度地図を見るよりも、パリの街をしっかりと把握できるのではないでしょうか。夜景も綺麗ですので、シャンゼリゼ大通りの散策かたがた、是非とも訪れてみてください。